脱毛で肌荒れしないために【エステサロンで潤いケア】

ムダ毛の脱毛

クリニックで行う専門的な脱毛

ワキや二の腕、ヒザ下などのムダ毛を処理する方法としては、カミソリやシェーバーで剃るほかに脱毛という選択肢があります。 脱毛には脱毛クリームや専用ワックスなどを使って自己処理する方法と、エステサロンやクリニックなどのプロフェッショナルな人たちに処理してもらう方法の2種類があります。このうち、美容外科や美容皮膚科などのクリニックで行われる脱毛処理のことを、特に医療脱毛と呼ぶことがあります。 なぜこのような呼び名があるかといえば、これは言うまでもなく医療機関で医師の監督下において処理が行われるからです。健康の専門家によった施術が行われるわけですから、安全性には信頼がおけます。 ただし医療機関だからといって、医療脱毛には保険の適用はありません。費用は全額自費となるので注意が必要です。

医療機関にしか扱えない高度な機器

医療脱毛の特徴として先に安全性への信頼を挙げましたが、もう1つの特徴として、先進的な医療機器が使用できるということがあります。 現在、医療脱毛の主流となっているのはレーザー脱毛という方式で、これは特殊な波長のレーザー光を肌に照射し、毛組織にレーザーの熱でダメージを与えるというものです。いわゆる永久脱毛において高い実績を持つ方式です。 この脱毛処理に使われる機械はもともと肌のシミや傷などを治療するための治療機器で、当然のことながら医療関係者にしか操作できません。市販されている家庭用の脱毛器にもレーザーを原理としたタイプのものがありますが、安全性を考慮してパワーを抑えてあります。専門家にのみ扱える高性能の機器で行う脱毛、それが医療脱毛なのです。